月々2,000円代〜最安のトランクルーム|屋内型レンタル収納、貸コンテナ、貸倉庫、備蓄庫としてご利用可能。ICカードとテンキーと防犯カメラで不審者をブロックします。

Blog

ミニマリストになるには、トランクルームが必須??|名古屋市中村区

category: Blog その他
update: November 09, 2019 
断捨離

少し前に話題になったミニマリスト

10年ほど前から使われるようになった単語です。

書店では、ミニマリストの生活を追った雑誌や書籍も多数出版されていました。

 

では、ミニマリストとは何なんでしょうか?

 

以下引用

持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人。

自分にとって本当に必要な物だけを持つことでかえって豊かに生きられるという考え方で、大量生産・大量消費の現代社会において、新しく生まれたライフスタイルである。

「最小限の」という意味のミニマル(minimal)から派生した造語。

物を持たずに暮らす人の意味では、2010年前後から海外で使われるようになり、

その後日本でも広まったと見られる。

 

何を持ち何を持たないかは人それぞれだが、

少ない服を制服のように着回したり、

一つの物を様々な用途に使ったりするほか、

誰かと共有したり借りたりすることで、

自分が所有する物を厳選している点が共通している。
少ない物で豊かに暮らすという考え方自体は、

環境問題の深刻化などを背景に以前からあった。

近年は、物だけでなく多くの情報が流通する中で、

たくさんの物を手に入れても満たされなかったり、

多くの物に埋もれて必要な物が見えなくなったりして

生きづらさを感じる人たちが増え、

自分にとって本当に大事な物を見極めて

必要な物だけを取り込むことで楽に生きたいと

共感が広がっているようだ。

必要な物だけを持つミニマリストの思想は、

10年頃から流行した整理法「断捨離(だんしゃり)」

などにも通じる考え方と言える。

出典引用 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について

 

 

 

 

つまり、

【物を最小限しか持たない人】

 

普段使わないものをトランクルームに預けるわけではなく、

そもそも物を持たず、最小限のもので生活する人。

 

トランクルームは普段使わないが、ないと困るものを

収納保管する所ですから、考え方がそもそも違います。

 

思い出の品や季節の品など、

なかなか捨てることはできないが、

自宅に置いておいては場所をとる。

 

こんなものをレンタル倉庫に保管するといいかもしれません。

 

そうすることで、ミニマリストっぽい生活が実現できるかもしれません。

 

昔に比べ、物が豊富になり、いや溢れる時代。

本当に必要なものを取捨選択する必要があるかもしれません。

 

でも、実生活では、意外と物を捨てられない人が多いようです。

 

特に、今の60歳代以上の世代は、

モノがなかった時代ですから、なんでもため込んでしまう傾向があります。

 

テレビでも話題のゴミ屋敷。

これも、捨てられない習慣から来ているのかもしれません。

 

必要なものを見極め、長く使う。

 

【安物買いの銭失い】にならぬよう私も考えねば。

 

ついつい、無駄なものを買っていたりしますから。

 

 


今、トランク王では、

無料の現場案内会を実施中です。

 

まずは、トランクルームとはなんぞやということで、

見学に来てください!!

 

屋外のコンテナとは違い、きれいな室内に驚くことでしょう!!

 

家具や家電、趣味の物、人形、スポーツ・レジャー用品、カー用品、

ロードバイク、タイヤ、什器、防災グッズ、オフィス・店舗用品など

何でも、収納・保管可能です。

 

 

名古屋市中村区、中川区、西区はもちろんのこと、

中区、枇杷島町、栄生の方も是非。

 

 

トランク王名古屋駅西店

名古屋市中村区則武1-20-11 コーポ則武1F

営業時間 毎日6:00-24:00

 

無料見学会のお問合せはこちら

通話料無料 0120-993-435

WEB予約はこちらから